HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.6 (1998/12) >

 
Title :中学生の水泳の授業に於ける学習方略と自己効力感の関係
Title alternative :The Relationship between Learning Strategies and Self-Efficacy in Swimming Activity of Junior High School Students
Authors :小橋川, 久光
大城, 譲次
謝花, 初美
村上, 雅彦
Authors alternative :Kobashigawa, Hisamitsu
Osiro, Joji
Jahana, Hatsumi
Murakami, Masahiko
Issue Date :Dec-1998
Abstract :本研究は中学生を対象に,水泳の授業における学習方略の因子構造と自己効力感の関係を検討するために計画された。教授方略と学習方略は表裏一体をなすものであると考え,現在行われている「めあて学習」を中核にした,27の質問項目を設定した。因子分析の結果,7因子が抽出され,6因子まで解釈を行った。第1因子から順に,1)めあて学習方略,2)運動感覚情報方略,3)補助情報方略,4)分習方略,5)集中方略,6)他者依存方略である。授業前後の学習方略と自己効力感の間には異なった関係が認められた。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8209
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.6 p.15 -27
Appears in Collections:No.6 (1998/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.6p015.pdf1742KbAdobe PDFView/Open