HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Center for Educational Research and Development >
Bulletin of Educational Research and Traning Center >
No.6 (1998/12) >

 
Title :子どもが作りだした学びの場 ―「子どもの文化的実践」の考察を通して―
Title alternative :The Student-Made Learning Environment -Through Observation of Students' Activities-
Authors :吉田, 直人
Authors alternative :Yoshida, Naohito
Issue Date :Dec-1998
Abstract :「収穫祭」という実践で,生徒が笑顔に満ち,自分の意志で考え行動していく姿に出会い,これが「文化的実践」に近いものではないかと実感した。そこで本研究では,「文化」というキーワードをもとに,この実践を考察することを通して,単元の再構成による学習の文脈づくりから文化的実践に高める端緒を見いだすことを目的とした。そして,考察を通して,「収穫祭」が文化的実践として生徒が学びの場を作りだしたのは,生徒の営みが自分の存在から派生しているか,その営みが社会に開かれ社会の吟味にさらされているかが重要な点であると考えた。また,文化的実践として生徒が学びの場を作るための,教師の支援の糸口についても考察した。
Type Local :紀要論文
ISSN :1342-5951
Publisher :琉球大学教育学部附属教育実践研究指導センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8247
Citation :琉球大学教育学部教育実践研究指導センター紀要 no.6 p.139 -149
Appears in Collections:No.6 (1998/12)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No.6p139.pdf1413KbAdobe PDFView/Open