HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Bulletin >
Human science. Bulletin of the Faculty of Law and Letters, University of the Ryukyus, Department of Human Sciences >
No.14 (2004/9) >

 
Title :오키나와戦의 기억과 기록
Title alternative :The Memory and Record about The Battle of Okinawa
Authors :保坂, 廣志
Authors alternative :Hosaka, Hiroshi
保坂, 広志
Issue Date :Sep-2004
Abstract :本論は、2004年3月27日から同28日にかけて韓国の済州島にて開催された済州4・3記念国際シンポジウム「東アジアにおける平和運動:平和・人権・国際連携」(主催 済州4・3研究所)に際して求められたフルレポートを、ハングル語に翻訳したものを掲載したものである。沖縄戦の重厚な記憶は、900冊余にものぼる各種書籍として発刊されている。さらに、平和の礎(1995年建立)や沖縄県平和祈念資料館(2000年改築開館)にても戦争追体験や平和学習が可能となっている。一方、沖縄戦には残された課題や問題点も多く見られる。特に、沖縄戦下での朝鮮半島出身者の実相解明が、ほとんど手づかずのままである。そこで本論では、ともすれば「非在」の歴史として排除されがちな沖縄戦の諸問題に言及しつつ、それをいかにして復元していくかについて、主として沖縄戦の記憶と記録を拠りどころに記述したものである。
Type Local :紀要論文
ISSN :1343-4896
Publisher :琉球大学法文学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8292
Citation :人間科学 = Human Science no.14 p.205 -226
Appears in Collections:No.14 (2004/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No14p205.pdf729KbAdobe PDFView/Open