HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
COE >
Comprehensive analyses on biodiversity in coral reef and island ecosystems in Asian and Pacific regions >
Events (COE) >
International Symposium : The future of living things in Okinawa : Addressing environmental problems on islands of rich biodiversity >

 
Title :開邦高等学校 科学部 「弁ヶ嶽におけるモクタチバナ林とモクマオウ林のリター分解速度と土壌動物の比較」
Authors :大平, 洋美
町田, 美由季
Issue Date :3-Nov-2008
Abstract :琉球大学21世紀COEプログラム主催 国際シンポジウム 「沖縄の生物の未来 ~生物多様性の島から環境を考える~」, 日時:2008年11月3日, 会場:沖縄県コンベンションセンター会議棟A
Type Local :会議発表論文
Publisher :琉球大学21世紀COEプログラム
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8608
Citation :琉球大学21世紀COEプログラム主催 国際シンポジウム 「沖縄の生物の未来 ~生物多様性の島から環境を考える~」
Appears in Collections:International Symposium : The future of living things in Okinawa : Addressing environmental problems on islands of rich biodiversity

Files in This Item:

File Description SizeFormat
kaihou.pdf293KbAdobe PDFView/Open