HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Bulletin >
Bulletin of Faculty of Education University of the Ryukyus >
No.65 (2004/9) >

 
Title :独唱・重唱・合唱の基礎としてのベル・カント唱法指導原理1-2 : 「腰へのブレス」から「舌だし発声のフォーム」まで
Title alternative :The Guiding Principle 1-2 for the Bel Canto Singing Technique as the Foundation for Solo, Ensemble & Choral Singing - From "how to take in the breath at the waist" to "how to put out the tongue for the tongue-sticking-out vocalization"
Authors :服部, 洋一
Authors alternative :Hattori, Yoichi
Issue Date :Sep-2004
Abstract :本論「同1-1-基本的概念から身体の柔軟性と姿勢まで」に引き続き、呼吸活点を中心とした「腰へのブレス」、それに伴う胸郭・腹部・腰部の理想的なあり方、「内観」の重要性、歌唱の際にアタックにおいて必要とされる息のインパクトを得させるための「腰での息のはじき方」、「短呼吸」、「舌だし発声」の準備としての舌だしのフォームについて等、それぞれの訓練法・教授法も含めて論及している。
Type Local :紀要論文
ISSN :1345-3319
Publisher :琉球大学教育学部
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/868
Citation :琉球大学教育学部紀要 no.65 p.33 -53
Appears in Collections:No.65 (2004/9)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
Vol65p33.pdf2583KbAdobe PDFView/Open