HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Law and Letters >
Research Report (Faculty of Law and Letters) >

 
Title :日本植民地期台湾「皇民文学」の総合的研究 : 日本人・沖縄人の表現を中心に
Title alternative :A general study on Taiwan literature of the Japanese colony period
Authors :星名, 宏修
Authors alternative :Hoshina, Hironobu
Issue Date :Jun-2006
Abstract :平成15-17年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書 / 研究概要:1990年代以降、台湾や日本において、日本植民地時代の台湾に関する研究が進み、文献資料が数多く発掘・復刻されるようになってきた。これらの資料を活用し、植民地期の台湾文学の全体像を把握することは、日本におけるポストコロニアル研究にとって、不可欠の意味を持つ作業である。本研究は、こうした問題意識のうえで、「大東亜戦争」期に執筆された数多くの「皇民文学」を総合的に調査・検討することを目的とした。台湾においては、台湾人文学者の営為が着目されがちであることに鑑み、在台日本人の文学活動に重点を置き、彼らの「帝国のまなざし」を明らかすることと、台湾に数多く居住しながらも、日本人社会の中でマイノリティーに位置づけられた、沖縄出身者をめぐる表現も重要なテーマとして設定した。本研究では、「大東亜戦争」期の「皇民文学」を、マクロな視点から切り取ることに留意した。研究の成果として、植民地の「国語」と植民者の「善意」に焦点を当てた論文「<共感>の「臨界点」-徳澄晶の作品を読む」や、原住民に対する表象を論じた「「兇蕃」と高砂義勇隊の「あいだ」-河野慶彦「扁柏の蔭」を読む」を発表することができた。また、さらに幅広く植民地期の「皇民化」「混血」「優生学」などに関する言説と、小説テクストの分析を交差させて論じたものとして、台湾で発表された「血液」的政治學-閲讀台灣「皇民化時期文學」」をあげることができる。このほかにも、「台湾文学」をどのようなものとして定義し、いかなる可能性を秘めた存在だと考えるのか。また「中国文学」との関係は、どのようなものなのかを考察した「「中国二〇世紀文学」にとって「台湾の文学」とは」を執筆した。
After 1990's, a study about Taiwan of the Japanese colony times advanced in Taiwan and Japan. Various documents documents are published. I utilize these documents, and I think that it is very important work to keep perspective of Taiwan literature of the colony period under control. I investigated many literary works written for "Greater East Asia War" period by such a critical mind generally, and this study was aimed at examining. In Taiwan, it tends to be paid its attention a work of a Taiwanese literary person. Therefore I put an important point for the Japanese literature activity that lived in Taiwan. And I was aimed at elucidating their "eyes of an empire".
Type Local :研究報告書
Publisher :星名宏修
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/8907
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Law and Letters)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
hoshina_h-1.pdf表紙,はしがき,研究組織,研究発表,研究成果 〈共感〉の「臨界点」―徳澄皛の作品を読む8991KbAdobe PDFView/Open
hoshina_h-2.pdf「兇蕃」と高砂義勇隊の「あいだ」―河野慶彦「扁柏の蔭」を読む7536KbAdobe PDFView/Open
hoshina_h-3.pdf「20世紀中国文学」にとって「台湾の文学」とは2704KbAdobe PDFView/Open
hoshina_h-4.pdf「血液」的政治學―閲讀台灣「皇民化時期文學」110154KbAdobe PDFView/Open
hoshina_h-5.pdf「血液」的政治學―閲讀台灣「皇民化時期文學」29365KbAdobe PDFView/Open