HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Faculty of Education >
Research Report (Faculty of Education) >

 
Title :自閉症児のコミュニケーション指導に関する研究
Title alternative :Instructional methods for communication of autistic children
Authors :神園, 幸郎
Authors alternative :Kamizono, Sachiro
Issue Date :Mar-2002
Abstract :平成10年度~13年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書
研究概要:本研究は自閉症児のコミュニケーションの特徴を対人関係の形成過程に基づいて発達的に検討し、彼らのコミュニケーション障害を改善する方法として鏡の利用の可能性を展望した。その結果、次のようなことが明らかになった。すなわち、(1)自閉症児のコミュニケーションは、相手となる特定の他者との関係性によって、その質的様相が決定され、しかも特定の他者との二者関係で形成されたコミュニケーション・スキルはその関係だけに閉じており、それ以外の他者との関係に波及しなかった。(2)この自閉症児における関係特殊的な対人関係は、基本的には親もしくは特定の他者との関係で得られる快の情動の共有体験を契機として生起した。さらに、(3)一旦形成された関係性は排他的な特性を帯び、それまでに保持されてきた親もしくは特定の他者との関係は逆に減退もしくは消失した。こうした自閉症児に特有な対人関係の形成過程が、彼らの愛着形成の過程でよく観察される対人関係の逆転現象をもたらした。以上の結果より、自閉症児における関係特殊的なコミュニケーションの特性は、彼らの特異な対人関係の形成過程を反映していることが解明された。この知見を受けて、自閉症児と養育者との愛着関係の質的な変遷と彼らが示す鏡像反応の特徴の関連を分析した。その結果、(4)自閉症児が親の情動状態を感知でき、なおかつ自己の情動についても意識化できるようになると、親子の相互作用が急速に増加した。丁度、この時期と重なるように自閉症児の鏡像反応も急増した。しかも、この時期に出現する鏡像反応は、自ら意図して再現した喜怒哀楽の表情への注目であった。これらの結果から、自閉症児の鏡像反応が、自己および他者の内的状態の覚知を基盤とする親子の関係性を如実に反映することが明らかになった。自閉症児の鏡像反応は、自他の理解およびそれに基づく社会性の様相を把握する上で有効荏手段となる可能性がある。
This study examined the characteristics of communication in autistic children and surveyed how to improve their communication disorders. The results were as follows: (1) Their communication styles of autistic children varied with the changes of the relationship with specific others. And communication skill which had been acquired in the relationship with specific others, fulfilled their function in that relationship, but not in another relationships. (2) Such a communication skill was acquired by a joint emotion of pleasure with parents or specific others. (3) Once a specific relationship was built up, it became.to be exclusive. Consequently the interpersonal relatedness, which had been built up before that time, became week or disappeared. Such an inversion of interpersonal relatedness has been often observed on the build-up process of interpersonal relatedness in autistic children. By the above-stated results, it was found that the relationship -specific communication of autistic children would reflect the peculiar build-up processes of their interpersonal relatedness. On the basis of these results, it was examined how the changes of interpersonal relatedness influence mirror response in autistic children. (4) When the relationship with specific other was improved, mirror responses increased and the response type changed for the higher levels. It was discussed whether mirror response of autistic children could be a useful means or not for the purpose of understanding the levels of social development.
Type Local :研究報告書
Publisher :神園幸郎
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/9107
Appears in Collections:Research Report (Faculty of Education)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10610130-1.pdf表紙, 目次, はしがき682KbAdobe PDFView/Open
10610130-2.pdf研究1:自閉症児の発達に及ぼす母親の意識改革の影響3082KbAdobe PDFView/Open
10610130-3.pdf研究2:自閉症児における愛着の形成過程3274KbAdobe PDFView/Open
10610130-4.pdf研究3:自閉症児にみられる対人関係の逆転現象8250KbAdobe PDFView/Open
10610130-5.pdf研究4:自閉症児における対人関係の変遷と鏡像反応の関連について6515KbAdobe PDFView/Open