HOME    About this site    mypage    Japanese    library    university    Feedback

University of the Ryukyus Repository >
Educational research facilities >
Global Education Center >
Bulletin of International Student Center, the University of the Ryukyus >
Vol.6 (2009/3) >

 
Title :[研究論文]シテアル再考 -他動性の観点から-
Title alternative :A Study of the Shite-aru From in Terms of Transitivity
Authors :副島, 健作
Authors alternative :Soejima, Kensaku
Issue Date :Mar-2009
Abstract :シテアルとシテイルとの使い分けについては従来、意図性が関与していると考えられ、日本語教育においてもそのように説明されてきた。しかし、その多くは、動詞の自他という語彙的側面とシテアル、シテイルという文法的側面を混同した結果導出されたものであり、実情を反映しているとは言えない。そこで本稿は、沖縄県内大学に在籍している日本語母語話者にたいしてシテアルの自然さと他動性にかんするアンケート調査を行い、シテイルとの使い分けと使用条件について考察した。その結果、シテアルが実現しやすいのは他動性のもっとも高いプロトタイプ的他動詞であることがあきらかになった。また、それ以外の動詞の場合でも以前に成立した運動の影響が主体に残っていると認識される状況が設定されれば、シテアルが可能であることがわかった。これらの結果から、シテアルとシテイルの違いも、シテアルの対象指向的な特性から説明できることを確認した。
The Shite-aru form has been analyzed to date as the expression of a state resulting from some previous volitinal action. However, it still remains to be seen as to what kind of verbs is more naturally used with the Shite-aru form. Therefore I surveyed native sprekers of Japanese belonging to a university in Okinawa on naturalness of the Shite-aru form, and pondered the difference of use between that form and the Shite-iru form and condition of its use. As a result, it became clear that the Shite-aru form is most naturally used with prototypical transitive verbs. In addition, the paper shows that the Shite-aru form with transitive verbs deviated form prototype was possible, if it is used under the situation that an influence of the previous action is recongnized to the subject. Lastly I point out that the Shite-aru form has the object-oriented feature.
Type Local :紀要論文
ISSN :1348-8368
Publisher :琉球大学留学生センター
URI :http://hdl.handle.net/20.500.12000/9532
Citation :留学生教育 : 琉球大学留学生センター紀要 Vol.6 p.7 -23
Appears in Collections:Vol.6 (2009/3)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
No6p007.pdf1588KbAdobe PDFView/Open