コンテンツの検索

詳細検索

コンテンツ

ご案内

こちらからも検索できます。

学術リポジトリにはこんなメリットが!


学術リポジトリは日本国内だけでなく、世界各国の教育研究機関において続々と導入されています。
学術リポジトリの導入により、投稿者、地域社会、大学全体のそれぞれに次のメリットが考えられます。

投稿者のメリット

・Google等の検索エンジンからの検索率がアップし、しかも論文に直接ヒットします。
・民間の研究者の目に触れやすくなり、共同研究等の持込の可能性が増えます。
・個人の電子書庫としての面も持ち合わせており、研究業績の散逸を防ぎます。

地域社会のメリット

・自宅に居ながら普段接することのできない大学の「知」に触れることができます。
・大学の保有する貴重資料の電子画像を、検索エンジンで見つけることが容易になります。

大学のメリット

・本学の教育研究活動等を国内外にお知らせすることが促進されるようになり、ひいては大学の 社会的説明責任を果たすことができるようになります。これにより教育研究情報拠点としての本学の存在感も高まります。